公益財団法人 日本少年野球連盟 (ボーイズリーグ) 関西ブロック 兵庫県支部所属

淡路ボーイズ(Awaji Island Boys)

夢は大きく 翔け無限の世界へ!!

「規律・団結」「勇気・忍耐」「友愛・誠実」「がむしゃら・挑戦」

「アイランドホークス」加盟団体を中学硬式野球最大規模のボーイズリーグに変え2019再始動!

「淡路ボーイズ」 平成29年 新入部員募集!!

体験入部のご案内はこちらをクリック

 淡路ボーイズの前身である「アイランドホークス」は平成21年に5名の部員でスタートし翌22年に8名の入会を得て13名でヤングリーグに参戦。5年間在籍する中で、ヤングリーグ全国大会3回出場(内2回準優勝)、        ヤングリーググランドチャンピオン大会1回出場(3位)、                           そしてシニアリーグ、ボーイズリーグをはじめ主な硬式野球チームすべての頂点を決める全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップにも1回出場することができました。

 当チームも色んな経験の中、中学硬式野球最大規模の(全国に1000チーム)広益財団法人日本少年野球連盟 ボーイズリーグで新たに挑戦することになり、チーム名も「淡路ボーイズ(awaji  Boys)」に変え、再始動することになりました。

 小学生野球交流協会会長として全国の少年野球チームを多く見てきました。淡路島の少年野球チームには素質のある子供たちが大勢居ることに気付き、この子供達に尚一層ハイレベルな野球をと(平成28年に淡路ボーイズを立ち上げました。)が残念なことにこの子供達が野球を継続しないで、他のクラブ活動に参加する子供が多くなってきました。これはイカン、このままでは淡路の野球が廃れてしまうと思い。何故、その理由を父兄や子供に問いかけてみましたところ。活動費があまりにも高く、父兄の負担が大きすぎる。という意見が大半でした。そこで従来の野球規則を打ち破って、誰でもが気楽に参加できるチーム作りをすれば、例えば入部条件を簡素化し、学校クラブと社会体育クラブを並行して活動が出来るようにすれば。又練習日程、時間を子供達の予定に合わす方向にすれば。少しは野球を目指す子供が増えてくるのではないかと思います。

 当チームは子供たちに野球技術だけでなく、人としても大きく成長してもらうことを第一の目標に指導してまいります。又、野球を十分に楽しんでもらう為にも、経験がなくても野球に興味がある子供は誰でも気軽に参加できる新しい形のチーム作りを目指して活動をして参ります。対象は中学(1年生2年生3年生)何時からでも参加はOKです。体験される方は必ずホームページの事務局迄ご一報ください。